LITTLE PRESENTS

  • トップ
  • 取扱店舗一覧
  • 製品
    • LITTLE PRESENTS
    • LITTLE OCEAN
  • 通信販売
  • アフターサービス
  • 修理とお手入れ

NEWS & TOPICS

ニュース & トピックス
2019.12.22 【たまには釣行記&防寒アンダーウエアの紹介】
少し前の話です。11月29日(金)禁漁直前の山上湖に行ってきました。
 
同行者はモデルのYさんと友人のM君の2名。両人ともトラウトは初めてとのこと。Yさんには自分のタックルを用意して、M君にはスペックを伝えてライトなシーバスロッドを持ってきてもらいました。
 
私は撮影メインなので釣りはあんまりする気もなかったのですが、一応フライロッド、ドライとシンキングタイプIIをセットした2本を用意しました。
 
到着して車の温度計を見ると-6度。え~っという顔のYさんに早速、新商品のT-14テラヘルツヒートトップとP-23テラヘルツヒートボトム渡し、車の中で着替えてもらいました。私とM君は外で着替えました。私自身は昨シーズンからこの商品の暖かさを知っていたので自信はあったのですが、今日は二人の感想を聞いてみたいと思ったのです。
 
受付で入漁券を購入してクロロプレンウエーダーを着用して湖へ。本日2度目の「え~っ」です。禁漁間近の極寒の山上湖の平日、自分たちの貸し切りだろうと思っていたのですがさにあらず、10人ほどの釣り人が水に浸かっていました。ばっXじゃないの?と自分のことを棚にあげて呆れながらも、嬉しくもあり。
 
ほぼルアー釣りをしたことのないYさんに、タックルをセット。最初はフローティングミノーでもつけて水面でほっとけ&ワンアクションぐらいに考えていたのですが、ライズももじりも水面に魚の反応は全くなく。なにせ-6度です。考えを改めてスプーンに換えました。
 
どうぜ釣れるんじゃないかと楽観的な気持ちで来たのですが、開始30分で今日は無理だなと思い始めました。なにせ魚っけがない。以前に来たときには岸辺にベイトになるような幼魚や小魚が見えるのですがその日は全く見えませんでした。さらに雪まで舞い始める始末です。
 
あっという間に昼になり、食事をしたりながらも、私はもはや釣りをする気にもなれずカメラを構えて一心にキャストを繰り返す二人の写真をとっていましたが、目の前のフライマンが釣り上げたのをみて、なんとなく少し投げてみたくなりました。そして気分を変える意味もあってフライも変えました。
 
そしてMくんの横に入って1投め。根掛かりと思ったらググっと動き始めて、あっけなくヒット。一番驚いたのは私自身です。上がって来たのは尾びれはまん丸でしたが55cmほどの太ったニジマスでした。いやはや。
 
釣れたニジマスの口についているフライを見たYさんの一言が忘れられません。
 
「何ですか、その口についてるゴムみたいなの?」
 
「いやこれフライだから。トラウトガムっていうの!笑」
 
いろいろ意見はあるでしょうが、トラウトガム釣れますね。
 
結局その一匹で終了。翌々日に禁漁になりました。
 
寒い1日でしたが、最後まで釣り続けられたのは、新商品のT-14 テラヘルツヒートトップ、P-23 テラヘルツヒートボトムのおかげでした。当日着用してもらった二人とも「温かいですね、これ」との感想でした。もちろん私も久しぶりに着用しましたが、自分の記憶以上の温かさでした。
 
温かさにも種類があると思いますが、この商品の温かさは体の芯からじっくりと温まるようなやさしい温かさなのです。テラヘルツ人工鉱石というものを粉砕してプリントしていますが、それが自分の体温を反射して体を温めるという仕組みです。
 
だいたいテラヘルツ人工鉱石とググると、パワーストーンなどがヒットしてきます。そっち系か!と苦笑いですが、このやさしい温かさは本物です。熱源が自分の体温なのがいいのかも知れません。
 
また生地の肌ざわりもいいので、チクチク感はゼロです。
 
自信をもってオススメします。
 
http://lpresents.com/presents/new/t-14/
http://lpresents.com/presents/new/p-23/

^
TOP